電気楽器/電子楽器
楽器の名前一覧
チャップマン・スティック Chapman Stick
チャップマン・スティック
チャップマン・スティックは1970年代にアメリカで開発製造された弦楽器で、電気的に増幅する電気楽器(ミュージシャンの間では単に スティック という名称で通じるようだ)。
エレクトリックベースやエレクトリックギターでは、指で弦を叩いて演奏するタッピング奏法というのがあるが、チャップマン・スティックは タッピング奏法をするためにデザインされた。
低音弦(ベース)と高音弦(メロディ)が組み込まれており、1台で完成された音楽を演奏できる。 本体のサイズは何種類も用意されており、弦も8本から12本まで様々。
立って演奏する場合、安定して両手で演奏できるよう「ベルトのフック」と「肩掛けのストラップ」で固定するのが一般的。


ウィンド・シンセサイザー | エレクトリック・アップライトベース

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten