楽器の分類

クロタラ(クロタルム) Crotala (Crotalum)
手の形をしたクロタラ

同じ材質のものをぶつけて音を出す楽器を「双拍(そうはく)」というが、カスタネットやシンバル、日本では拍子木などがそれ。

クロタラは古代のギリシャやエジプトで使われていた双拍の仲間。手の形をしたもの、小さなシンバルを付けたもの、ピンセットやトングのようなものなど、 様々な形がある。
エジプトのクロタラ

カスタネット | 拍子木
私家版 楽器事典 / 楽器図鑑