総合サイト マップ

竹や葦の楽器
楽器の名前(吹く楽器)
一節切 ひとよぎり
一節切
ひとよぎり
一節切は日本の楽器(笛の仲間)。一節分の長さの竹で作られているのがその名前の由来。室町から江戸初期にかけて流行した。尺八がアルトなら。一節切はソプラノというところか。
トンチで有名な一休さんも、この笛を愛用していたという。
ひとよぎりを「一夜きり」におきかえると、ちょっと色っぽくなる。
 ♪ 夕べのことはもうきかないで・・・
 ♪ あなたが噛んだ小指が痛い きのうの夜の小指が・・・
 ♪ 夕べあんなに燃えながら今朝は知らないふりをして・・・
 ♪ 逢うときにはいつでも他人の二人・・・
とかね。

尺八 | 天吹