総合サイト マップ

楽器の分類
楽器の名前一覧
バルブ・トロンボーン Valve Trombone
バルブ トロンボーン
トロンボーンの特徴であるスライド管がない。
現在でも使用頻度は少ないもののバルブで操作するトロンボーンは健在。
サックバットと呼ばれていた頃から、この楽器はスライド管を特徴とする金管楽器であった。トロンボーンという名が与えられた頃もスライド管であった。
1800年の初めバルブ機構が登場してから、トロンボーンはバルブ式が普及した。バルブ式トロンボーンは、軍隊での行進や狭いオーケストラ・ピットで場所を取らないというので重宝されたようだ。
だけどやっぱり、トロンボーンのあのポルタメントは捨てがたいというわけで、スライド式に戻ったんだね。トロンボーンといえばやっぱり伸び縮みする管だろ。てなわけで、現在ではバルブトロンボーンは特別なトロンボーンとなった。
バルブ トロンボーン
特別なトロンボーンといえど、ジャズではよく使われている。
コーウェラエール作のテナー・バルブ・トロンボーン
ベルギー(ブリュッセル)のコーウェラエール作のテナー・バルブ・トロンボーン(1800年代の後半)。
ピストンが下の方に付いている。
サックバット | テナー・トロンボーン | テナーバス・トロンボーン

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten