私家版楽器事典 楽器名一覧
チャンチキ/摺鉦 すりがね

チャンチキ

真鍮(しんちゅう)でできている小さな鉦(かね)。皿形状の内側を叩き、縁を叩くとき底部分をこするように演奏するため摺鉦(すりがね)とも呼ばれる。 片手で覆うように持ち、握ったり離したりでミュートを効かせることもできる。
細い撞木(しゅもく)で叩く。撞木のヘッド部分は鹿の角でできている。
松虫(まつむし) | チンドン太鼓