楽器事典 楽器の名前一覧
大太鼓 だだいこ
大太鼓(だだいこ) 雅楽の舞楽に用いる太鼓で、鼓面の直径は約2メートルもある大きな太鼓。雅楽の大太鼓は「おおだいこ」と読まず「だだいこ」と読むべし。


周囲に火焔 (かえん) の装飾があり、火焔太鼓とも呼ばれる。

イラストはひとつしか描いてないが、雅楽では2台セットで使う。 長い棒の先にあるのは日月の像で、左方に日輪、右方に月輪をかかげてある。 火焔の中に描かれているのは龍で、これは左方。右方は鳳凰が描かれる。

楽太鼓/釣太鼓 | 荷太鼓(にないだいこ) | 鉦鼓 雅楽の楽器