Web楽器楽器図鑑
ドラム セット Drumset
ドラム セット

スネアドラム | バスドラム | フロアタム | ハイハット | シンバル
ドラムセットは打楽器の寄せ集めであるが、特徴的な楽器が二つある。 バスドラムとハイハットだ。
バスドラムは、ペダル付きの大太鼓。
1900年頃、打楽器奏者のディー・ディー・チャンドラーが自分の右足で大太鼓を打ち鳴らすペダルを考え出し、小太鼓と大太鼓を同時に演奏したという。 ついでにシンバルも打ち鳴らせという具合でドラマーは椅子にすわって演奏するようになった。この頃はまだハイハットは無かった。 ハイハットもペダルが付いてる。
ベイビードッズ(Baby Dodds)というジャズドラマーが、演奏中に左足を規則正しく動かしていて、 これはもったいないということで、足ふみシンバル、つまりハイハットが開発されたのだと。

かようにして、ドラマーはチンパンジーのごとく両手両足を駆使してリズムを刻むこととなった。 ただし、リズムは両手両足にあるのではなく体の中心 (もっと言えば 脳みそ から 尾てい骨あたり の神経系) にあって、足と手はそのリズム情報をアウトプットしているハードウェアである。
リズム感というのはハードウェアではなく、ソフトウェアなのよ
ドラムセット
ドラムスのスティック