知りたい楽器の名前 一覧
フヤラ Fujara
フヤラ
フヤラはスロバキアの羊飼いたちによって演奏されてきた長い長いリコーダー。
1.5mから長いものでは2m以上ある。 長いので、吹く位置と手の位置を近づけるためにもう1本短めの管をつないである。


リコーダーやオカリナをを強く吹くとピヨーンという高い音がするが、それと同じ理屈で倍音が強調され、低音と高音が交互に、また混在して鳴り響く。 私たち日本人には「いい音」と認識されないかもしれない。
フヤラの演奏

リコーダー | ファゴット