楽器名一覧
胡弓 こきゅう
胡弓

中国の二胡(にこ)と混同されることがあるが、胡弓は日本の楽器で江戸初期ごろから使われたようだ。三味線が原型のようである。このイラストは3弦だが4弦の胡弓もある。
弓奏楽器は立てて構えるのが一般的で、バイオリンやビオラは特別だ。 胡弓も他の弓奏楽器と同じく立てて構える。エンドピン(とは呼ばないのだろうけど)を脚に挟んで胴を膝に上に載せる。
三味線とほとんど同じ格好をしているが、三味線と比べると随分と小さい。 ブリッジ(駒)はネック近くに位置していて、角度をつけても弓がぶつからないようにしてある。

糸(弦)を選ぶのは弓で角度をつけるのではなく、胡弓本体をクルリと回して擦る糸を選択する。 これは胡弓に限ったことではなく、弓奏楽器は本体を回転させる方法をとるものが多い。 弓は鉛筆を持つような格好で、毛の張りを調節しながら弾く。
広義で「胡弓」は弦をこすって音を出す擦弦楽器(さつげんががっき )の総称として呼ばれることがあり、沖縄にはクーチョーという擦弦楽器があるが、これも漢字では胡弓と書く。
クーチョー | 二胡 | 墜琴(ツイチン)

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten