楽器 事典
マンドリン Mandolin
マンドリン
弦は8本であるが、2本が1セットになっており4コースである。 開放弦の1弦(1セット)から順番に E-A-D-G で、これはバイオリンと同じ。
胴の底が丸くひざの上に置いて抱きかかえるようにして演奏する。素早く連続的にチリチリチリ・・・(この音の表現は正しくないが)と弾く、いわゆるトレモロ がマンドリン演奏法の特徴でもある。
現在のマンドリンは、ナポリタン・マンドリンが原型。
マンドリンの演奏
胴の底が平らになっているフラットマンドリンもある。

フラットマンドリン | マンドセロ | マンドーラ