楽器名一覧
オンド マルトノ Ondes martenot
オンド マルトノ
オンド・マルトノはフランスのモーリス・マルトノによって作られた(1928年頃)。 テルミンを真似て作ったのが最初だという。
ピアノやオルガンと同じような鍵盤がついているが、これはオンド・マルトノの特徴ではなく、鍵盤でも弾けるという付属品みたいなもの。
個性的なのはリボンだ。 リボンは奏者から見て一番手前に付いていて右手で操作する。手を左右に移動することにによって無段階に音程を変えることができる。
スピーカーも特殊だ。残響を付けるためバネを使っていたり、調律された金属弦が振るえる構造を持っていたりする。
オンド マルトノの演奏

テルミン | シンセサイザー