楽器の図鑑 楽器一覧
プサルテリー Psaltery / Bowed Psaltery
プサルテリー(Psaltery)

プサルテリーは弓で弾くヨーロッパの擦弦楽器(さつげんがっき)。
二等辺三角形なのも面白いが、擦弦楽器としては独自のアイデアを取り入れている。 すべての弦は高さ2cmほどの小さな柱の上からブリッジへと張られており、それぞれの弦に弓を添えることができるようになっているわけだ。 台の上にセットしておけば左右の手に一つずつ弓をもって二刀流も可能。
ただ、あっちこっちに弓を移動させなければならなし、バイオリンのように指板がないのでビブラートや微妙な音程も出せないので表現力に乏しいかもしれない。
弓で弾くので Bowed Psaltery と呼ばれることもある。

プサルテリーの弦配置の構造

長さの違うそれぞれの弦は小さな柱の上部に張られていて、弓は柱と柱の間の隙間に移動させて目的の弦をこする。
弦の1本1本の音程は固定されていて、演奏時に弦を押さえて長さを変えることはできない。
YouTube-psaltery

プサルテリーの弦配置の構造

アジェン(牙箏) | ネイル・バイオリン いろんな擦弦楽器