楽器辞典 インデックス
竜笛/龍笛 りゅうてき
竜笛 りゅうてき
♪ 京の五条の橋の上  大のおとこの弁慶は
 長いなぎなたふりあげて  牛若めがけて切りかかる

牛若丸が橋の上で笛を吹いている図。いわゆる横笛。 雅楽で用いられる楽器であるが、古来より貴族や武士のたしなみでもあったようで、 牛若丸はこんな笛を吹いていたのだろう。
素材は女竹(めだけ)で、管の内側は漆(うるし)で仕上げてあり、外側は樺巻(かばまき)が施されている。横笛といえどコダワリの作り。指孔は7つ。
雅楽では、 (しょう) 、 篳篥(ひちりき) 、 龍笛(りゅうてき) を三管と呼ぶ。
雅楽

(しょう) | 篳篥(ひちりき)