楽器の名前一覧
ササンド Sasando/Sasandu
ササンド
南国ティモール島・ロテ島で使われている楽器。いわゆる竹筒琴(ちくとうきん)だ。
もともと竹筒琴と呼ばれている楽器は、竹を細工して表皮ををのまま弦として使う弦楽器。 これは、おそらくすぐに壊れてしまったのだろうと想像できる。竹の表皮の弦は長持ちしなかったに違いない。
現在では金属の弦が張られているが、ヤシの葉でできた音響器は健在。ヤシの葉はオウギヤシというらしくティモールでは生活の必需品だとか。 それにしても、このパラボラアンテナようなものは音響的には増幅効果はあまりないように思われる。自分自身によく聴こえる集音器にはなるかな。
めでたい時、例えば結婚式などにはササンドを使って歌を歌ったりしてお祝いをするらしいから、装飾としての意味合いもあるんだろうな。
ササンドの演奏

バリハ | コラ