楽器一覧(弦鳴楽器)
ケメンチェ Kemenche / Kemençe
ケメンチェ classic kemençe
クラシック・ケメンチェ classic kemençe
オスマントルコの古典音楽で使われていたケメンチェ。
ネック部分のナット(弦を固定する部品)が無く、ペグの軸から直接弦が張られている。そのため中心の弦が40mmほど長い。
この3本弦の弓奏楽器は、黒海周辺で発達した楽器で、 ブルガリアのガドルカ や ギリシャのクレタンリラ などは、とてもよく似た形状をしている。このクラシック・ケメンチェと兄弟だろう。

カラデニズ・ケメンチェ karadeniz kemençe
カラデニズ・ケメンチェ karadeniz kemençe
トルコで使われている楽器。
ボトル形と表現されたりするが、ボトルといっても色々の形状があるので、「ヘチマ形」のほうがいいかもしれない。
やはり3本弦であり、左手で首のあたりを掴んで、ぶらんと吊り下げるように持って演奏する。ハイポジションは使わないので、ぶら下げて立ったままの姿勢で演奏することができる。
karadeniz というのはトルコ語で黒海のこと。英語では、Kemenche of the Black Sea と表現することもある。

ヨーロッパ ウクライナ ルーマニア ブルガリア ギリシャ トルコ コーカサス山脈 周辺の国々 アフリカ エジプト

ガドルカ | クレタン・リラ トルコの楽器

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten