楽器一覧(弦鳴楽器)
リローネ Lirone
リローネ Lirone / リラ・ダ・ガンバ lira da gamba

ヨーロッパの古楽器(1600年頃)。
12本の演奏用の弦、2本の共鳴用の弦が張られている。合計14弦。共鳴用弦2本はともかく、演奏用に12本も弦が並んでいると、どの弦に弓を押し当てればいいのかワケがわからんようになる(はずだ)。
心配ご無用。 この楽器はメロディを弾くというよりも、伴奏用の楽器。指板にフレットが付いているので、左手はギターのように複数弦を押さえて、右手で複数弦を弓でこする。和音を出すわけだ。ピッチカートで分散和音を奏でたりもする。

糸巻きペグがヘッドの表面から突き刺さっている弓奏楽器を、古くは lira と呼んでいたようだ。脚に挟んで演奏するので、脚のリラ・・・ リラ・ダ・ガンバ (lira da gamba) ともいう。
リローネの演奏


リラ・ダ・ブラッチョ | ビオラ・ダモーレ

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten