私家版楽器事典


楽器一覧
モハン・ビーナ Mohan Veena

モハン・ビーナ mohan veena

モハン・ビーナはインドのスライド・ギターである。
胴体はギターのデザインそのものである。でもビーナという名前が付いているということはインドの楽器。そうですね、構造はインドの弦楽器の特徴を備えている。 インド人が大好きな共鳴弦をズラリと張り巡らせていること。首の部分に音響器が付いていること。ジュワーンという心地よい雑音を発生させるジャワリがあること。これらは、シタールやディルルバと同じ、インドの楽器特有の構造だ。また、弦の配置はドローンを多用した演奏ができるようにもなっている。

弦高を高くしてあり、ボトルネック奏法で演奏する。フレットは位置を示す印である。
モハン・ビーナは、古来より伝統的に受け継がれたビーナではなく近代的な創作楽器だろう。ドブロ・ギターを真似て作ったのかもしれない。弦長の半分を12分割で固定・・・ということは、私達日本人もハマっている西洋音階なんだね。
モハン・ビーナの演奏


リゾネーター・ギター

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten