楽器一覧(弦鳴楽器)
ニッケルハルパ Nyckelharpa
スウェーデンのニッケルハルパ nyckelharpa
ニッケルハルパはスウェーデンの楽器。
nyckel は、スウェーデン語で鍵(key)のこと。楽器なので「鍵盤」ということになろうか。 harpa は、ハープ(harp)なので弦楽器の総称ということだろう。
スティック状の鍵盤で弦の長さをコントロールする。1300年・・・もしくはもっと古くから使われていたので日本の大正琴が生まれる以前からこの鍵盤方式があったのはもちろんである。
もう一つの特徴は共鳴弦がいっぱい張り詰められているということ。 ヨーロッパの楽器はかつて共鳴弦やドローン弦を採用しているものが多かったが、現在のバイオリンにあるように単音でも大きな音が出るように改善されてきた。 そんな中でニッケルハルパは共鳴弦を備えた楽器ということで、現在のヨーロッパにおいては珍しい存在になっている。


弦の長さを鍵盤によって操作する楽器
弦の長さを鍵盤によって操作する楽器は、上のニッケルハルパの他に、こんな楽器がある。
アコルドリア Akkordolia
オルガニストルム Organistrum
クラビコード Clavichord
大正琴 たいしょうごと
ハーディ・ガーディ Hurdy gurdy
ブルブルタラング Bulbultarang

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten