楽器一覧
シンフォニウム Symphonium

シンフォニウム symphonium
フリーリードで音を出す楽器。とても小さく、手のひらにちょこんと乗るような大きさ。アコーディオン以前の古い時代の楽器で現在では使われていない。
中央の吹き口から息を吹き込み、左右のボタンで音程を操作する。吹き口から見えている は金属のリード。
イギリスの学者チャールズ・ホイートストンが作った楽器(1829年に特許取得)で、後に空気の送り込みを蛇腹に変えることで、バンドネオンやアコーディオンに発展するきっかけにもなった。

楽器の基本構造とその発想は現在の鍵盤ハーモニカ(ピアニカなど)と同じだ、でも、この当時は東アジアの笙の仲間を参考にしたのでこのような形になったのではなかろうか。


コンサーティーナ | シェン(笙)

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 ABC..

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten