楽器の名前一覧(弦鳴楽器)
シトル Citole (Sytole)
シトル (citole)
シトルは、ヨーロッパの古楽器。
カメムシのようなボディと2本の柱になったネックが特徴。弦は8本複弦4コース(上のイラスト)や、単弦で4本のもの、また 低音部だけが複弦になっているものもある。
13世紀〜14世紀ごろに使われていたようで、cetera, cedra, cetola, cetula, cistola, citola, chytara, cistole, citharなど様々な地域や言語で呼ばれていた。 こんなに訛りがあるということは形状も様々であったろうと思われる。
シトル を演奏している男性 シトル を演奏しえいる男性

下のイラストの様にバイオリン型のシトルも存在した。
弓奏型シトル (citole)
楽器全体(ヘッドもネックもボディも)を丸ごと削り出して作ってあり、表面の音響板を張り付けてある。

シターン | イングリッシュ・ギター | クインテルナ

ヨーロッパの古楽器



私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten