楽器辞典 楽器の名前
楽器ページ マップ

オーケストラ
ガムラン
ピーパート
ががく(雅楽)
下座(歌舞伎)
ジャグバンド
ディキシーランドジャズ
バジェナート
ブルーグラス
フォルクローレ
マリアッチ
ラテン音楽
ロック
私家版 楽器事典    楽器の種類 楽器と人物    楽器の歴史 ラテンアメリカの楽器


グナワの楽器


ゲンブリ Guembri
ボディが皮張りの低音弦楽器。
ゲンブリ Guembri
カルカバ Qarqaba / krakeb
打ち合わせて音を出す。金属パーカッション。
カルカバ Qarqaba
カルカバ

両手に持ってリズムを刻む。

トゥベル Tbel
ヤギの皮をはった両面太鼓。
トゥベル

グナワ (Gnawa) は、北アフリカ、西アフリカが発祥の地で、グナワと呼ぶのはモロッコの言葉だという。
フレットレスベースのようなゲンブリと、ハイハットシンバルのようにリズムを刻むカルカバが主な楽器。
トゥベルという太鼓は、オスマン帝国時代に使われていた Davul という太鼓ととても良く似た作りをしている。名前もどことなく似ていて関連性があるような気がする。

私家版 楽器事典 / 楽団・バンド/グナワ