私家版楽器事典


楽器の名前一覧
ブシウム Bucium
ブシウム(bucium)
森林の多い山々での通信や、犬を使って羊を誘導する際にも使う

ブシウムはルーマニアの楽器。木製の長いラッパ。
木の皮で作られているようで、見た目より軽いのだろうか。ベルの部分は地面に置かずに、全体を持ち上げて吹く。 羊飼いの人々が山岳での遠距離通信や羊の誘導に使った。用途としてはスイスのアルプホルンと似ている。
Buciumはルーマニアではラッパを意味するが、 ヨーロッパでは buccinum とか Buccin とか大型の巻貝を意味する単語がある。おそらく日本の法螺貝と同じく「巻貝」という単語が「ラッパ系の管楽器」を表すようになったのだろう。
ブシウムは木でできているけれども、ラッパの仲間なのでくちびるを震わせて鳴らせる。なので分類するならば金管楽器になる。
ブシウムの演奏

アルプホルン | 法螺貝 ルーマニアの楽器