総合サイト マップ

楽器の分類

駅路 えきろ

黒御簾(下座)の駅路
歌舞伎の下座音楽で使われる打楽器。
歌舞伎では下座(げざ)または黒御簾(くろみす)といって、音響係専用の部屋がある。オーケーストラでいうオーケストラピットにあたる場所だ。 そこで色んな「鳴り物」で音楽を演奏し効果音を出したりする。客席からは見えないので影囃子(かげばやし)とも呼ばれる。

もともと駅路とは、宿場から宿場へ通じる道のことで「うまやじ」ともいうらしい。鳴り物としての駅路は下座音楽以外ではあまり見かけない。 歌舞伎では、このドーナツをつなげたような楽器は、宿場・街道の場面で用いるので、そのまんま駅路という名前で呼ぶようになったのだろう。



駅鈴(えきれい) | チャッパ | 錫杖(しゃくじょう) 黒御簾音楽 下座音楽について


私家版楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten