楽器の名前 一覧
イングリッシュギター English guitar

イングリッシュ・ギター
名前の通り英国で使われていた弦楽器。 使われていたというくらいだから、古い楽器だ。1700年代の後半、英国ではとても人気があったという。
調弦の仕組みが変わっている。ぐるぐると弦を巻くのではなくて、ぐいぐいと引っ張る方式。 懐中時計のキーでネジを回してチューニングする方式・・・ウォッチキーシステムというらしい・・・で、これは、ドラムの皮(ヘッド)を締め上げる方法と同じだ。 同じ様なチューニングの機構はポルトガルギターでも採用されている。
弦は (2本×4コース)+2本=10本  高音部の8本の弦は2本組で低音部の2本は単弦。
イングリッシュギターには鍵盤がついているものがあって(このイラスト)、鍵盤を押さえると、それぞれの弦をはじくというカラクリが内部に組み込まれている。 便利だか不便だかよく分からないけどね。
English guitar


ポルトガルギター | シターン ヨーロッパの古楽器


私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten