私家版楽器事典
私家版楽器事典の目次このサイトについて

楽器の材料
楽器の名前一覧

能管 のうかん

日本の横笛:能管(のうかん)

一目見ただけだと龍笛と区別がつかないが、能管には管の内部に特殊は仕掛けがしてある。 歌口と指孔の間に「喉(のど)」と呼ばれる竹の管が仕込まれていて細くなっている。これによって「ひしぎ音」という甲高い音を発する。 音程はハッキリしないが、これはこれで能管のひとつの特徴でもある。
竹に漆(うるし)が施されていて、指孔の部分以外にはは樺巻(かばまき)といって桜の表皮を細くしたものを巻きつけてある。

能管は竹を裏返して作るという。裏返すったってストッキングをクルリと裏返すようにはいかない。竹を縦に8つに割り、硬くなめらかな表面を内側にして組み直すんだとか。
樺巻・・・漆・・・裏返し・・・喉・・・。ものづくり、日本人のコダワリか。


龍笛 横笛の長さ比較

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten