タイの楽器

楽器の名前一覧
ソー・ウー Saw u
タイの楽器:ソー・ウー(Saw u)
ソー・ウーは、タイの弓奏楽器。 本体の胴はヤシの殻で表面にはヤギなどの皮を張ってある。楽器の素材は違うが中国の胡琴の系統(二胡など)と同じ作りをしている。
クルアンサーイやマホーリーの合奏で使われる。
ソー・ウーを演奏している男性の図
2本の弦の間に弓毛が挟まっている

ピー パート (Pi phat)
ラナートコンウォンなどの旋律打楽器を中心としたタイ古典音楽の代表的な合奏形態。 金属打楽器のチンや太鼓のタポーンなどのパーカッション、ピーというダブルリードの縦笛も加わる。 舞踊の伴奏や儀式の音楽として演奏される。


クルアン サーイ (khrueang sai)
タイの弦楽合奏形態。弓奏楽器のソーウーソードゥアン、撥弦楽器のチャケー、縦笛のクルイや、打楽器のチンなどが加わる。


マホーリー (Mahori)
タイ古典音楽の大規模な合奏形態。ピーパートとクルアンサーイを合わせた楽団で、ソー・サム・サイはその中心となる楽器。

ソー・ドゥアン | ソー・サム・サイ

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten