スタンプ フィドル Stump fiddle(Jingling johnny)
スタンプ フィドル(ストンプ フィドル)
Stump fiddle(stomp fiddle)
釣鐘型ベルとウッドブロックを
取り付けたスタンプ フィドル
カウベルとパフパフラッパを
取り付けたスタンプフィドル
スタンプフィドルは、地面や床にぶつけてベーシックなリズムを打ち鳴らし、長いコイルスプリングをスティックで ジーシャカ・ジーシャカ と擦ってリズムを刻む。 楽しい打楽器だ。
日本人が名前だけを聞くと地面や床にスタンプするというように受け取ってしまうのだけれど Stamp ではなく Stump である。 Stump は「切り株」。なぜ切り株なのかよく分からないけれども、切り株に打ち付けるというところからきているのだろうか。
さらに Fiddle であるが、なぜ Fiddle なのか?・・・ さて・・・フィドルは弓奏楽器(弓で弦を擦って音をだす楽器)の総称でもある。 スタンプフィドルの形だけを見ると、スティックで弦を擦るように見えるかもしれない。誰かがふざけて「まるでフィドルのようだ」というのを「フィドル」と言い切ったのかもしれないね。
ジングリング・ジョニー とも。

ターキッシュ・クレセント | ウォッシュタブ・ベース

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
Gakki jiten