楽器辞典 楽器の名前
楽器のページマップ

中東/アラブの楽器
インドの楽器
中国の楽器
東南アジアの楽器
日本の楽器
北アメリカの楽器
中南米の楽器
アフリカの楽器
ロシアの楽器
ヨーロッパの楽器
ニッケルハルパ
ランゲレイク
チター
カンテレ
ツィンバロン
フラメンコギター
キターラ
ブズーキ
ストローバイオリン
ハーディングフェーレ

イリアン・パイプス
ビニウ
ミュゼット
私家版 楽器事典    楽器の種類 楽器と人物    楽団/バンド 楽器の歴史

ノルウェーの楽器
ランゲレイク Langeleik
ノルウェー民族楽器:ランゲレイク
ランゲレイクはノルウェーの弦楽器。
メロディ用の弦が1本と3本〜7本のドローン弦をはってある。 名前は違うが スウェーデンのホンメル 、ドイツのシャイトホルト などは同じ仲間。
ランゲレイクを演奏する男性の図
現代的な弦楽器は1オクターブを12分割(平均律で半音毎に12分割)だけど伝統的なランゲレイクは1オクターブが7分割されたフレットが配置されている。
そのため、民族楽器として独自の音楽を演奏することが主となる。他の楽器とスケールがうまく合わない場合あり、キーを合わせたり、転調なども不得意だ。

シャイトホルト | ホンメル ヨーロッパの古楽器


私家版 楽器事典 / 世界の楽器
ノルウェー