楽器の名前 一覧
パンデイロ Pandeiro
パンデイロ
ブラジルのタンバリン。
というか、ブラジルではタンバリンのことをパンデイロという。
というか、ブラジルではタンボリンというタンバリンに似た楽器がある。
というか、ともかく、上の写真はパンデイロだ。

パンデイロは、サンバやショーロで用いられる。
皮(ヘッドという)の張り具合を調節したり叩く位置などで、どんどこと低い音にしたり、ぱんぱんと高い音にしたりで、奏者の好みや音楽形態にあわせて演奏する。 また、指でヘッドをギュギュギュと滑らせてジングル(ちっちゃなシンバル)を小刻みに震わせる方法も用いられる。 このジングルは表面に見えている2枚重ねだけではなく、中にはさらに小さめのジングルが組み込まれていて、3枚だったり4枚だったりする。これは、余韻を少なくしシャッキリとした音で小気味よい響きにするため。
パンディロの演奏

Pandeiro パンデイロ
パンデイロを支える左手は、中指などで裏側から皮を押さえてミュートし音質を変える。
叩くのは右手の親指、親指以外の指の腹、親指の付け根の柔らかい部分など、それぞれの場所を駆使してリズムを刻む。
パーランクー | タンボリン | クイーカ フレームドラム

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten