楽器一覧(弦を擦って音を出す)
ハーディングフェーレ Hardingfele
ハーディング フェーレ hardingfele (Hardanger fiddle)
ハーディングフェーレはノルウェーの楽器。
形はバイオリンと似ているがヘッドにペグが8個付いてる。ということは弦も8本。 4本の弦は弓奏して音を出す弦。他の4本は共鳴弦で指板の裏側を通っている。上のイラストにも共鳴弦を描いているのだけれど、ちょっと分かりづらいですな。
指板やテールピースには貝細工が施されており、ボディには表も裏も丹念な文様が描かれている。 ヘッドにはバイキング時代の象徴のドラゴン(ノルウェーの国章のライオンが彫刻されているというのも)。
楽器工場で作るというものではなく、数少ない職人によって作られているということで、楽器屋さんへ行って買うというものではないようだ。


ハーディング フェーレを演奏する女性
Hardingfele はハルダンゲルのフィドルという意味。英語では Hardanger fiddle で、ハルダンゲル・フィドル または ハルダンゲル・バイオリン と呼ばれている。
リラ・ダ・ブラッチョ | ビオラ・ダモーレ ヨーロッパの楽器

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten