楽器一覧(弦鳴楽器)
ハサピ Hasapi
ハサピ

ハサピはインドネシアの楽器。スマトラ島のバタック人の愛用する小型2弦の弦楽器。
伝統的には神聖な儀式等で使われていたようだが、最近では娯楽のための楽器として、民衆に親しまれいる。 新しい楽器では、ヘッドの彫刻も簡略化されていて、バイオリンのスクロールのような彫刻になっている。
カチャッピ(katjap)とも。

カチャピとかハサピというのは、東南アジアあたりでは弦楽器の総称として使われていいる名のようで「平凡社世界大百科事典」には下記の記述がある。
ミンダナオ島のクジャピ,ジャワ西部のカチャピ。 リュート属のものには,スマトラのバタク族のカチャピ(ハサピ),スラウェシのブギス族のカチャピ,カリマンタンのダヤク族のサペ(サンベ,イムパイ)がある。タイではクラジャピと呼ばれる。
ハサピを演奏する男性

カチャピ | チェクントルン | ガンブス インドネシアの楽器

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten