楽器一覧(弦鳴楽器)
ヒーウ・カンネル(タル・ハルパ) Hiiu kannel (Tal harpa)

タル・ハルパ(Talharpa) / ヒーウ・カンネル (Hiiukannel)

フィンランドやエストニアで使われていた古い時代のリラ型 弓奏弦楽器。
ヒーウ・カンネルやタル・ハルパは、エストニアでの名称。 エストニアの楽器は角ばった長方形で、まあ、あまりデザインにはこだわっていなかったようだ。 ちなみに、ヒーウ(Hiiu)とは、エストニアの地域の名前。バルト海にある島(Hiiumaa)だ。カンネルは弦楽器のこと。 なので、無理やり日本語表記するとヒーウ・カンネルは「ヒーウの琴」というところか。「津軽三味線」みたいな名付け方だね。

ヒーウカンネル Hiiukannel


シェトランド諸島の Gue | クルース | ヨウヒッコ

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten