楽器一覧(撥弦楽器)
リュート Lute
オラツィオ・ジェンティレスキの リュートを弾く娘 (The Lute Player) より
リュートは、1000年以上の歴史を持つヨーロッパの古い楽器。中世からバロック期にかけて、撥弦楽器のスーパースターである。
上のイラストは、バロック期に活躍したイタリアの画家 オラツィオ・ジェンティレスキの『リュートを弾く娘(The Lute Player)』 を描き直させていただいた(部分)。
リュート lute
もともと、中央アジアの バルバットウード がヨーロッパで改造され発展したもの。 長い歴史の中で、様々なスタイルのリュートが存在する。さらには、もっと発展して長い長いネックのもの、弦の数が多いものなど新たな楽器が現れた。
日本の琵琶とも似ているが、やはり中央アジアの楽器が中国やインドを経由して東へ東へ伝わったものだ。

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten