楽器一覧

竽(う)
竽(う)は、笙(しよう)と同じフリーリードの楽器。長さが1メートルほどあり低音担当。管は30本以上のものもあったようだが、19本や17本が多い。
正倉院には呉竹竽(くれたけのう)とうい名称で宝物として保存されている。

日本には、奈良時代に中国から伝えられたという。高音の笙は現在でも雅楽で使われているが、低音の竽 はやがて使われなくなった。

竽の笛(うのふえ)とも呼ばれる。


小さな文字では見にくいでしょうから、大きな文字にしました。
[う]
発音が一文字なので、とても扱いにくい。「う」をWebで検索してもこの楽器がヒットすることはまずない。ちゃんと漢字を入力しないとね。

よく似た漢字で「竿」があるが、竿は物干し竿や釣り竿の「さお」であって「う」ではない。

竿[さお]


私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten