楽器名一覧(気鳴楽器)
シャリュマイ Schalmei (Schalmeien)
シャリュマイ(シャルマイ)
シャリュマイ(シャルマイ)はドイツで生まれた管楽器
見た目は金管楽器だけれど これは木管楽器
シャリュマイ(シャルマイ)
シャリュマイは、もともとルネッサンス期に使われたダブルリード木管楽器。shawm(ショーム)のドイツ語が schalmei。
ここで紹介している schalmei は、ダブルリード木管楽器ショームの流れをくむものではない。当時の名前を転用しているけど、構造は別物である。 同じリード楽器ではあるけれど、ハーモニカと同じフリーリードだ。

フリーリードは一つ一つの音程が固定されているため、音階を出すためには複数のリードが必要となる。 音程ごとに8本〜12本もある管(ベル)が特徴的。

起源をたどると、列車の車掌の合図に使われた笛だというが、もっともっと遠く起源をたどると 東アジアの笙の仲間 に通じる構造をしているので、そのあたりにヒント得て作られたような気もするのだけれど。

太鼓との合奏で、パレードや催し物では大活躍する。
Schalmei の演奏



私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten