総合サイト マップ

楽器の分類


コルヌ Cornu
コルヌ
コルヌの演奏スタイルはスーザフォンのようだ


コルヌは、古代イタリア半島のエトルリア、ローマの金管楽器。
管の長さは3メートルほどあり、ほぼ円形にグルリと丸く巻いてある。 円の直径にあたる部分にささえ棒があって、この棒を肩にに載せて演奏する。公式行事のパレードや軍隊なので使われたようだ。 イタリアの Cornu は、英語で Horn のこと。つまりカタカナ書きの「ホーン」であって「ホルン」のことでもある。 そうですそうです、ラッパは角(ツノ)から生まれたんだものね。


ルール | ナルシンガ | ツインク

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten