アルボカ Alboka
バスク地方の管楽器:アルボカ Alboka
アルボカは、バスク地方(スペイン北部とフランス南部の国境あたり)の楽器。動物の角を利用した「ホーンパイプ」と総称される管楽器のひとつ。
アルボカの透視図 Alboka
アルボカの透視図
2本のパイプを平行に並べてあり、5個の音孔のパイプと 3個の音孔のパイプで構成されている。その1本1本にシングルリードが組み込まれている。


アルボカを演奏している人
アルボカを吹く人
角の吹口から2本のパイプに息を吹き入れる。 循環呼吸を駆使して演奏するので、バグパイプのように音を途切らせること無く吹き続けることができる。
手前の左手で2個の音孔を操作、そして右手で2本のパイプを同時に(つまり 3個+3個の音孔を)操作するのが一般的な演奏方法。



ピブコーン Pibcorn | アルグール Arghul


私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten