鍵盤のある楽器



楽器名 鍵盤楽器 グランド
ピアノ
エボニー & アイボリー クリストフォリ
エボニー & アイボリー Ebony and Ivory

Ebony And Ivoryは、ポール・マッカートーのアルバム「TUG OF WAR」に収録されてる 。tag of war は「綱引き」のことであって、転じて「 主導権争い」のことでもあるらしい。 そんな意味深なアルバムに入っている Ebony And Ivory は、「黒人と白人」を「ピアノの黒鍵と白鍵」に例えて歌われている。 スティービー・ワンダーとポールのデュエットであるのも意味深い。下記は歌詞の一部分。

Ebony and Ivory
Live together in perfect harmony
Side by side on my piano keyboard
Oh Lord, why don't we
黒鍵と白鍵
完全なハーモニーのもとに暮らしている
ピアノの鍵盤は仲良く並んでる
ああ、なぜ僕たちにはそれができないのだろう

そして、「黒鍵と白鍵は、パーフェクトなハーモニーで、仲良く生きているよ」と繰り返す。


さてさて、Ebony は黒檀(こくたん)であって、Ivory は象牙(ぞうげ)だ。
昔のチェンバロなどの鍵盤は、黒檀や象牙を使っていたこともあったそうだ。 高級な素材なので、木材そのものを使っているほうが多かったようだけど、貴族向け宮廷向けにはふんばって "Ebony and Ivory"を鍵盤として高級器に使用したのだろう。 ただし、昔々(モーツァルトの頃?)は、白黒逆で ナチュラルなドレミのキーは黒くて、半音のキーは白かったそうだ。 黒檀は貴重な素材だけど象牙はもっと貴重だ。貴重な象牙を量の多いナチュラルなキーに使うのはもったいないということでこうなっていた、というのをどこかで読んだことがある。 そういえば、最近でも昔の楽器を模倣してか、白黒逆の鍵盤のチェンバロが登場したりするね(テレビでしか見たことないけど)。



私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten