楽器辞典 楽器の名前
楽器のページマップ

中東/アラブの楽器
インドの楽器
中国の楽器
東南アジアの楽器
日本の楽器
北アメリカの楽器
中南米の楽器
アフリカの楽器
ロシアの楽器
ヨーロッパの楽器
ニッケルハルパ
ランゲレイク
チター
カンテレ
ツィンバロン
フラメンコギター
キターラ
ブズーキ
ストローバイオリン
ハーディングフェーレ

イリアン・パイプス
ビニウ
ミュゼット

ヨーロッパの古楽器
      世界各地の民族楽器

ヨーロッパの古楽器
ビュサン Buccin
ベルが龍の頭をかたどった金管楽器。龍というけれども、日本人はシャチホコを思い浮かべてしまう。19世紀、フランスやベルギーで軍楽隊の楽器として使われた。
ヨーロッパの古楽器/ビュサン
Buccinはフランス語で大型の巻貝(法螺貝やエゾバイ)のこと。日本でも法螺貝というラッパがあるが、ビュサンはももともと貝でできたラッパから名付けられたのだろう。


私家版楽器事典 / ヨーロッパの古楽器