私家版楽器事典/しかばん がっきじてん
楽器ページ マップ

中東/アラブの楽器
インドの楽器
中国の楽器
東南アジアの楽器
日本の楽器
北アメリカの楽器
中南米の楽器
アフリカの楽器
ロシアの楽器

ヨーロッパの楽器
アイルランド/イギリス
イタリア
ギリシャ
スウェーデン
スペイン
スロバキア
ドイツ
ノルウェー
ハンガリー
フランス
フィンランド
ブルガリア
ポーランド
ポルトガル
ラトビア
ルーマニア
楽器の名前 一覧    楽器の種類 楽器と人物    楽団/バンド 楽器の歴史 世界の民族楽器

フランスの楽器
ビニウ Biniou
フランスのバグパイプ:ビニウ
ビニウはフランスのブルターニュ地方で使われているバグパイプ。バグパイプの仲間では比較的小型でパイプの数も少ない。

ヴィエル Vielle
ヴィエル/ハーディガーディ
フランスではハーディーガーディをヴィエルとよんでる。
ガルベタンブラン
Galoubet-Tambourin

リコーダーと両面太鼓のセット。
笛と太鼓の演奏でフォークダンスを踊る。 それぞれ大きさや形は違うが中世の時代から各国で演奏されている。ガルベとタンブランは地中海に面したプロバンス地方の伝統楽器。

南フランスのガルベとタンブラン

アドルフ・サックスはベルギー生まれだけど
サクソフォン製作で有名なベルギーのアドルフ・サックスはフランスで活躍したらしいな。お墓もフランスにあるとか。

ダブル・アクション・ペダル・ハープ
ピアノ製作者として知られるフランスのセバスチャン・エラールは1811年、現在のペダル・ハープの原形となるダブルアクションのハープを発表。 ダブル・アクション・ペダル・ハープ(グランドハープ、コンサートハープ)は、7本のペダルを足で操作することにより、弦を同時に半音上げたり、全音上げたりできるようになっている。 エラール社と言えば現在でもピアノ、ハープの有名どころ。

フレンチ・ホルンはフランスでできたの?
フレンチ・ホルンというとオーケストラで使われているホルンの代表。Frenchというけれど、フランスが発祥の楽器ではない。 フランスではフレンチ・ホルンと言わない。コール(Cor)がフランス語。

フレンチ・ボウ
コントラバスの弓の持ち方は「フレンチ・ボウ」と「ジャーマン・ボウ」がある。 フレンチ・ボウは、チェロなどと同じで、上部から持つ。ジャーマン・ボウは拳銃を持つように下からつかむ様に持つ。

フランスの作曲家といえば・・・・・
サン・サーンス(Charles Camille Saint-Saens) 動物の謝肉祭/死の舞踏。
ドビュッシー (Claude Achille Debussy) 海/牧神の午後への前奏曲。
ビゼー (Georges Bizet) アルルの女/カルメン。
ラベル (Joseph Maurice Ravel) ボレロ/ダフニスとクロエ。


私家版 楽器事典 / ヨーロッパの楽器
フランス