楽器辞典 楽器の名前
楽器のページマップ

中東/アラブの楽器
インドの楽器
中国の楽器
東南アジアの楽器
日本の楽器
北アメリカの楽器
中南米の楽器
アフリカの楽器
ロシアの楽器
ヨーロッパの楽器
ヨーロッパの古楽器
 アウロス
 オーボエ ダ カッチャ
 カルニクス
 クルム ホルン
 コルトホルト
 シャリュモー
 ショーム
 セルパン
 ツインク
 バセット ホルン
 ビュサン
 ポンマー
 ラケット
 ルール
コルトホルト/ゾルドゥン
リード部分にキャップが付いたゾルドゥン。 プレトリウスの音楽大全(Syntagma Musicum) より。
私家版 楽器事典

ヨーロッパの古楽器
コルトホルト Kortholt
16世紀〜17世紀ごろの管が折り返されたダブルリードの木管楽器。コルトホルトはそれらの総称。 2本の管をつないだものや、1本の木材に複数の長孔を開けてつないだものなどがある。
kortholt(ドイツ語)は、短い木と言う意味だとか。内部は管が折り返されているので、見た目は短いけど低い音が出るというところからの名称だろう。



ゾルドゥン
Sordun
ヨーロッパの楽器:ゾルドゥン(Sordun)



ドゥルシアン
Dulcian(Curtal)

ヨーロッパの楽器:ドゥルシアン(Dulcian)/カータル(Curtal)



ラケット
Rakett
ヨーロッパの楽器:ラケット/ランケット


私家版楽器事典 / ヨーロッパの古楽器
コルトホルト