楽器辞典 楽器の名前
楽器のページマップ総合サイト マップ

中東/アラブの楽器
インドの楽器
中国の楽器
東南アジアの楽器
日本の楽器
北アメリカの楽器
中南米の楽器
アフリカの楽器
ロシアの楽器
ヨーロッパの楽器
ヨーロッパの古楽器
      世界各地の民族楽器

ヨーロッパの古楽器
オルファリオン Orpharion
16〜17世紀にヨーロッパで使われた撥弦楽器。
オルファリオン

2本一対の金属弦。イラストは9コースだが、7コース〜10コースの楽器があったようだ。
胴体の輪郭がグネグネとしているが、これはヨーロッパの古い弦楽器ではよく見られる。 それよりも、オルファリオンは胴体表面に取り付けてあるブリッジが斜めなのが面白い。開放弦の弦の長さが低音と高音で異なる。糸巻き部分のナットも斜めになっていて、低音弦が長くて高音が短い。 フレットもそれに沿って斜めに取り付けられている。
調弦はリュートと同じにしてあったらしい。

レベック(Rebec)
レベック
ビオラ・ダ・ガンバ
ビオラ・ダ・ガンバ
トロンバマリーナ
トロンバマリーナ
プサルテリー(Psaltery)
プサルテリー
ハーディガーディ
ハーディガーディ
クルース(Crwth)
クルース
バロックギター
バロックギター
マンドーラ
マンドーラ
テオルボ
テオルボ
リュート
リュート

私家版楽器事典 / ヨーロッパの古楽器