楽器一覧 吹く楽器
クラリネット Clarinet
クラリネット clarinet

クラリネットはシングルリードの木管楽器。
ヨーロッパで古くから使われていた シャリュモー をドイツの音楽家デンナーが改良したとされている(1700年頃)。

クラリネットは、ほかの木管楽器と異なるということで、小難しい解説を目にする 「クラリネット属は楽器学上、閉管構造の楽器である。そのため (1)最低音が1オクターブ低い (2)倍音が奇数倍になる」と、 ・・・だがしかし・・下記に続く。

楽器の書籍や音楽事典では「クラリネットを除いて」とか「クラリネットだけは違う」という表現が出てくる。 クラリネットは閉管であるという。閉管と開管では音の発生のしかたが違うとも書かれている。
私とて日本人として、ある程度日本国の国語は分かるので、書いてある文面は理解できる。でもクラリネットが閉管であることがどうも理解できない。

たしかに、リードのあるマウスピースを口に加えると、一方だけが開いていいるので閉管なのだろう。 そして、縦笛(リコーダー)は音を発生させるエッジの部分があるので2箇所の開いている管。だから閉管ではなく開管。
そういうことか・・・。
でもさ、サクソフォンはどうなの。クラリネットと同じで閉管かといえば、そうじゃない。なんでサクソフォンは閉管ではなく開管なのよ。
それはね。サクソフォンは管がだんだん太くなっているでしょ(円錐管)。でも、クラリネットはスットントンのまっすぐなのよ(円筒管)。 だから、クラリネットは閉管なのよ。
繰り返すことになるが、日本国の国語は分かるので、書いてある文面は理解できる。でも意味分からない、というのはこのあたりからだ。 リコーダーはスットントンのまっすぐどころか、逆に先にいくほど細くなっているではないか。
どうも、これは・・・
 (1)まっすぐな管であること
 (2)片方を塞いであること(エッジの穴もない)
この2つの要素が「&条件」の時、閉管になるようだ。
ところがさてさて、さらに疑問が続く。なぜ(1)&(2)条件の時は閉管なの。


クラリネット clarinet

シングルリードの木管楽器
アルグール
オクタヴィン
クラリネット ファミリー
サクソフォン ファミリー
ザフーン
シプシ
シャリュモー
ズマラ
ターロガトー
バセット ホルン
ピブコーン
ヘッケルクラリーナ
バス・クラリネット bass clarinet
バス・クラリネット

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten