私家版楽器事典
私家版楽器事典の目次このサイトについて

楽器の材料

弦楽器の名前一覧
シャナガン ホール Shanagan khuur
シャナガン・ホール
シャナガン・ホールは、モンゴルの古い時代の弦楽器。
シャナガとは「馬乳酒を汲み出す杓子」とか「ヨーグルトを混ぜる木のスプーン」のことらしい。液体を汲む柄杓(ひしゃく)だね。 シャナガンと「ン」が付くと「シャナガの〜」となる。 そして、ホールは「楽器」を表す言葉。
英語にするならば「Spoon fiddle」とか「ladle fiddle」、漢字で書くならば「杓子琴」というところか。
モンゴルのシャナガン・ホール
シャナガン・ホールはモリン・ホールより古い歴史を持つ。
シャナガン・ホールのヘッド(糸巻きの部分)には、伝説の猛禽や龍などが彫られていて、ボディ(共鳴胴)の表面は、獣の皮を張ってあるもの、木の板のもの、いずれもが作られていた。 後に馬(モリ)を標準シンボルとしてヘッドに彫刻するようになり、モリン・ホールの名が与えられたという。


イギル | モリンホール

モンゴルの楽器

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten