楽器一覧(弦を擦って音を出す)
モリンホール (馬頭琴) Morinkhuur (ばとうきん)
モリンホール morinkhuur(馬頭琴)
モリンホールは、モンゴルの弦楽器。
ヘッドに馬の彫刻が施されており、中国では「馬頭琴」と表記される。「マー・トゥ・チン」みたいな発音になるのかな。それが、そのままの漢字で日本にやってきたので日本では「ばとうきん」の名称のほうが一般的。
弓奏楽器全般の弓の毛は馬のシッポであって、モリンホールも例外ではなく馬のシッポ。 とはいえ、馬のシッポに変わりはないにしても最近ではバイオリン(もしくはチェロ)の弓を使っているようだ。バイオリンの弓は大量生産されていて入手しやすく、逆反りの形状は弦楽器との愛称がすこぶる良い。 アジアの伝統的な民族楽器全般でバイオリンの弓が採用されているようだ。 本来のオリジナルの弓がなくなっていくのは少々残念ではあるけれども、合理的な側面からすればいたし方ないところか。
特徴的なのは弦・・・モリンホールは弦も馬のシッポだということ。2本の弦は馬のシッポの毛を束ねてある。
モリンホールは、ヘッドも 弦も 弓も 馬である。

モンゴルの民話「スーホの白い馬」
この楽器にまつわる「スーホの白い馬」という有名な物語がある。 心優しきスーホという名の少年の愛馬が、わがままで傲慢な王様に殺されてしまい、スーホはその亡骸(なきがら)でこの楽器を作ったという話。 このページにその物語を記載することもできるけども、詳細は「スーホの白い馬」で検索してくださいませ。
ちなみに、スーホというのはホース(馬)を逆さ読みにしたのではなく、たまたまホースの逆さ読みみたいになったのね。カナという文字を使う日本語ならではの語呂合わせといったところかな。


ヤトガ | ビシグール モンゴルの楽器

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten