楽器辞典 楽器の名前
楽器のページマップ

中東/アラブの楽器
インドの楽器
中国の楽器
東南アジアの楽器
日本の楽器
北アメリカの楽器
中南米の楽器
アフリカの楽器
ロシアの楽器
ヨーロッパの楽器
ニッケルハルパ
ランゲレイク
チター
カンテレ
ツィンバロン
フラメンコギター
キターラ
ブズーキ
ストローバイオリン
ハーディングフェーレ

イリアン・パイプス
ビニウ
ミュゼット

ヨーロッパの古楽器
私家版 楽器事典    楽器の種類 楽器と人物    楽団/バンド 楽器の歴史/ダブルリード

ヨーロッパの古楽器
ドゥルシアン Dulcian
ドゥルシアンは、2枚リード(ダブルリード)の木管楽器。現在のファゴットのもととなる楽器。カータルとも呼ばれていた。
ファゴットの祖先といわれるドゥルシアン(Dulcian)
16世紀頃からの低音ダブルリード木管楽器はショーム、ランケット、そしてこのドゥルシアンなど。 中でもドゥルシアンは内部が二つ折りになっていて、現在のファゴットに形が近い。
ドゥルシアンは、18世紀になるとキイは3つまたは4つに増え、18世紀半ばには4つあるいは6つのキイの楽器が出来上がった。モーツァルトの「ファゴット協奏曲」は当時のファゴット、つまりドゥルシアンだったのだろう。
コルトホルト


私家版楽器事典 / ヨーロッパの古楽器