私家版楽器事典
楽器の歴史 楽器事典の目次



 西洋の音楽様式

  角笛が金管楽器に
  低音の金管楽器
  ダブルリードの管楽器
  弦を擦ったのは だれ

  バルバット/東へ西へ
  サントゥール/東へ西へ
  ナッカーラ/東へ西へ

  ブラギーニャ
  弓形ハープ

楽器の名前一覧 ヨーロッパの古楽器

低音の金管楽器
セルパン オフィクレイド ボンバルドン ヘリコン スーザフォン コントラバス・チューバ モーリッツのバスチューバ ウィンナーチューバ
セルパン
1500年代、フランスで作られた木製の低音楽器の元祖。蛇の形をしていて、表面には獣皮を貼ってある。
オフィクレイド
1800年代の初期、これもフランスで作られた楽器。バルブではなく穴を開け閉めする方式。ロマン派時代のオーケストラでは金管楽器基礎を担い大活躍する。
ボンバルドン
オフィクレイドにバルブを取り付けた。
ヘリコン
ボンバルドンを行進曲で演奏できるように改良された楽器。ウィーンで開発された。
スーザフォン
ヘリコンをアメリカのスーザが改良した。当時はベルが上向きだった。
モーリッツのバスチューバ
1835年、ベルリンのモーリッツによって開発された。3本のバルブに、さらに2本のバルブが付け加えられている。
ウィンナーチューバ
モーリッツのバスチューバをロータリーバルブに変えた。

【楽器の本】カラー図解 楽器の歴史(河出書房新社) このページは、カラー図版 楽器の歴史(河出書房新社)より引用させていただいています。


本 楽器の歴史 河出書房新社


私家版 楽器事典 / 楽器の歴史