楽器一覧(弦をはじいて音を出す)
マンドリン Mandolin
クラシック・マンドリン mandolin
マンドリンを弾く女性

ラウンドバック(ボディの背面が丸い)のマンドリン。通常マンドリンといえば、このクラシック・マンドリンのことを指す。古くからイタリアで演奏され発展してきた。
乾いた音という表現を時々見かける。そう、確かに細っこい音だけどよく通る。春夏秋冬でいえば「秋」。カラッとした音(カラーチェというメーカーがあるが、偶然である)。 お菓子で言えば「柿ピー」みたいな音。薬でいえば「太田胃散か龍角散」みたいな音。
弦は8本、2本1組で4コース。トレモロといえばマンドリンというぐらいで複弦が複弦たる機能を精一杯表現してくれる楽器である。 弦配置とその調弦は「高い方からE・A・D・G」。ギターが「低い方からE・A・D・G」なのでちょうど逆になってる。


フラット・マンドリン Flat Mandolin
クラシック・マンドリンを元にデザインされた、ボディの底が平らで薄くなっているマンドリンがフラット・マンドリン。
フラット・マンドリン flat mandolin
アコースティック・ギターを引っさげたバンドなどとの愛称が良く、ボディが薄いので立って演奏できるのはバンド仲間に入ることができる最大の利点。 バンド内での和音の高音部補強、複弦ならではの音色のメロディは、アメリカ生まれのカントリー・ミュージックではお馴染みである。


マンドセロ | マンドローネ | バンドリン | バンドゥリア

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten