楽器百科 楽器名一覧
ビーナ Saraswati veena
サラスワティ・ビーナ
南インドの撥弦楽器。シタールと同様、インド音楽の中心的存在。
瓢箪の共鳴器や複数の共鳴弦など北インドのシタールと似ているが、ネック側には龍の頭の飾りがついていたり、異様に大きな共鳴器がついていたりの違いがある(ヘッドの龍はヤーリーというらしい)。
ネック側の共鳴器が大きいためか、ビーナは胴部分を床に置いた状態で演奏されることが多い。
スライドバーを使うわけではないが、素手でフレットを移動して演奏する様はリゾネーターギターやスチールギターに似ている。
ビーナという名は弦楽器の総称として使われていたため、ビーナは他の楽器にも使われることがあるが、現在ではこのページの3種類の楽器を指す。
ビーナ
ビチトラ ビーナ Vichitra veena
ヴィチトラ ビーナ
床において演奏するビチトラ ビーナ。フレットがついていなくてスライドバーを使って演奏する。こうなると、スチールギターに似ているというよりもスチールギターの弾き方そのものという感じ。
共鳴弦がいっぱい付いているのはビチトラ ビーナも例にもれず、インドの楽器の得意技!。

ビチトラ ビーナ
ルドラ ビーナ Rudra veena
ルドラ ビーナ
肩にかつぐようにして演奏するルドラビーナ。ビチトラビーナに似ているがルドラビーナは板状のフレットがついている。
ビーンとも。
ルドラ ビーナ
マユーリ ビーナ mayuri veena
マユーリ ビーナ
孔雀(くじゃく)の胴を持つビーナ。マユーリは孔雀のこと。

シタール 撥弦楽器いろいろ

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑
gakki jiten