私家版楽器事典 楽器事典の目次



 西洋の音楽様式

 ハーモニクス

 復弦 と コース

 ヘルツ(周波数)


 ハンマーアクション

 ピストンバルブ

 ロータリーバルブ

 樂という文字

 琵琶と枇杷

 琵琶と琵琶湖

 伶人時元が物語

 エッセイ

私家版 楽器事典    楽器の種類 楽器と人物    楽団/バンド 金管楽器の歴史 国/地域/民族

ピストンバルブ
ピストンバルブとは、トランペットやコルネットなどの金管楽器に採用されている管の通り道を制御する仕組み。
通常の状態 ピストンを押して管が長くなっている状態

トランペットのピストンバルブ

筒形のピストンを押すと管の道すじが変わって、迂回管に通じるようになっている。これによって管の長さを変える。
1800年代初め頃、この機構が発明され実用化されるようになった。
トランペットの各部名称

トランペット | コルネット | ユーフォニアム

私家版 楽器事典 / 楽器図鑑